本番で緊張しない6つの方法

本番で緊張しない方法 ~12才の生徒さんへ~


こんにちは、オリーブバイオリン・ピアノ教室のブログへようこそ!


今回は、12才の生徒さんからご質問いただいた

「本番で緊張をしない方法」についてお話しします


大切な演奏の場面で緊張するのは

、誰でも経験することです


しかし、練習や心構え次第で

その緊張を和らげることができます

ここでは、具体的な6つの方法を紹介しますので

是非試してみてくださいね!


1. 十分な練習

まず、最も大切なのは練習です

十分に練習して自信をつけることが

緊張を和らげる一番の方法です

練習の中で

ステージでの演奏を

シミュレーションしてみるのも効果的です



2. リラックスするためのルーティンを作る

演奏前に自分をリラックスさせるための

ルーティンを作りましょう

例えば

深呼吸をする、軽いストレッチをする

、好きな音楽を聴くなど

自分に合った方法を見つけると良いです



3. ポジティブなイメージトレーニング

演奏する自分を

ポジティブにイメージすることも大切です

うまく演奏している自分や

、聴衆が拍手を送っている場面を頭の中で描き

ポジティブな気持ちでステージに立ちましょう



4. 本番を小さなパフォーマンスと捉える

本番を特別なものと考えすぎず

小さなパフォーマンスの一つと捉えることで

プレッシャーを軽減できます

普段の練習や発表会と同じように

リラックスして臨むことが大切です



5. 失敗を恐れない

失敗することは誰にでもあります

大事なのは、その後どう対応するかです

ミスをしても焦らず、

次の音に集中することが大切です

失敗を過度に恐れないことで

自然と緊張も和らぎます



6. サポートを受ける

家族や友人、先生のサポートを受けることも

安心感につながります

周囲の人に自分の気持ちを伝え

一緒にリラックスする時間を過ごすことで

緊張が和らぐことがあります


皆さんがこれらの方法を試して

自信を持ってステージに立てるようになることを願っています

緊張を感じることは自然なことですが

、しっかりと準備し

自分を信じることで

その緊張を乗り越えることができます!